聞きたい!結婚指輪の感動エピソード

渡す場所が重要でした

結婚指輪を渡す場所を選定すると感動的な演出ができました。食事の後に渡すというプランで臨みました。
食事は、付き合っていた当時からフランス料理が食べたことがなくて一度は行ってみたいという記憶があったので、雑誌を見て有名店を事前にリサーチして予約しました。雰囲気が和むように、また、二人だけの空間ができるように個室をとったことがポイントです。誰にも邪魔されることなく会話に集中することができました。
食事は感動的に満足してもらったあと、夜景のきれいなスポットに移動しました。寒くもなく暑くもなく天候が安定した日をあえて選びました。夜景を見ながら、プロポーズをして間を取らずに準備していた結婚指輪を渡しました。すると涙ながらに喜んでくれました。

指輪に添えるプレゼントが重要

結婚指輪を渡すときに、すでに同棲生活をしていたのでいかに日常で渡すことでサプライズをするかということを考えました。
渡すタイミングは、寝る前で普通に二人で会話をしているときにさりげなく渡すことにしました。指輪を引き立たせるために、事前に晩酌をするイベントを設定しました。いつもより高級感のある金箔入りの梅酒を準備しました。ぜいたくな気分で堪能していると、さっと指輪を出して正式な結婚の申し込みをプロポーズしました。最も工夫したのは、指輪の周囲を白いバラで飾って演出をしました。見た目がきれいで彼女もきれいの一言でそれ以上の言葉がなくただただ見つめて感動していました。ほとんどお金がかかっていない演出です。

© Copyright Share Happiness. All Rights Reserved.